チャップアップとリアップの配合成分を比較!

MENU

チャップアップとリアップの配合成分を比較!

チャップアップとリアップは同じような育毛剤ではありますが、その特徴は異なります。

 

チャップアップの場合にはセンブリエキスや海藻エキス(M-034)が配合されていて、副作用の心配がないために安心して利用できるというのが売りですが、リアップはミノキシジル配合の第一類医薬品として認められた日本で唯一の発毛剤として広く利用されています。

 

配合成分を比較してみると( ^ω^)・・・

 

チャップアップ配合成分

海藻エキスやグリチルリチン酸ジカリウム、塩酸ジフェンヒドラミン、センブリエキス、ビワ葉エキス、海藻エキス、ボタンエキス、シナノキエキス、ヒキオコシエキス、ヒオウギ抽出液、クロレラエキス、オウゴンエキスなどを含みます。

 

海藻エキスは多くの育毛剤に含まれる成分ですが、海藻に含まれるフコイダンに優れた保湿効果があり、頭皮を健やかに保つことができるようになります。グリチルリチン酸ジカリウムは甘草に含まれる成分であり、抗炎症作用がありますので荒れた頭皮を正常な状態に導きます。

 

塩酸ジフェンヒドラミンやセンブリエキスは頭皮の荒れを防いで炎症を改善することができ、血行を促進させるような作用も持ちます。全体的に見てみると頭皮の環境を整えて髪の毛が生えやすいようにしてくれるのがこの商品の特徴であり、どれも優しい働きかけの行える成分であることが分かります。

 

自然由来のものや漢方で使われているものを上手く育毛に取り入れているという印象であり、副作用の心配な人に特にオススメのタイプです。

 

リアップの配合成分

リアップの成分で注目したいのは、やはりミノキシジルです。ミノキシジル以外では添加物として1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノールが含まれています。ミノキシジルを取り入れると頭皮の毛細血管を拡張させることができ、血流を改善させて必要な栄養素をスムーズに届けられるようになります。

 

栄養がしっかりと届くと毛包や毛母細胞の働きが活性化されて細胞分裂を促進させることができます。髪の毛をしっかりと成長させることにつながりますし、新たな髪の毛の生成も期待できるようになります。

 

弱々しくなった髪の毛を蘇らせるには血流を促進させることが必要不可欠だといわれていますが、ミノキシジルは本来病院でしか入手することができませんので、それが含まれている育毛剤ということで愛用する人も多いようです。

 

まとめ

このように配合成分には明らかな差があります。副作用のリスクはあっても早急に結果を出したいというのならリアップがオススメですが、優しい作用でじっくりとケアをしたいのならチャップアップを利用します。