チャップアップとヘアトニックグロウジェルを選ぶとすれば?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップとヘアトニックグロウジェルを比較してみた!

抜け毛が気にならなくなった、若くなったといわれて、こんな声をもらっている育毛剤が、チャップアップとヘアトニックグロウジェルです。髪を洗った後に排水溝を見るのが怖い、髪型が決まらない、人の視線が気になる、こんな悩みがありませんか。

 

これらの悩みをこの2つの育毛剤はサポートしてくれます。しかし、2つも育毛剤を使うわけにはいきません。では、どちらを選んだらいいのでしょうか。

 

 

・ヘアトニックグロウジェルについて

 

 

ヘアトニックグロウジェルは満足度95%の育毛剤です。抜け毛が減った、目線が気にならなくなったなどの声をもらっています。ヘアトニックグロウジェルには3つの特徴があります。

 

1つめは植物成分の力です。

 

ヘアトニックグロウジェルには、センブリ、カンゾウ、ゲンチアナ、ジオウ、シラカバ、ビワ葉といった植物成分が配合されています。これらの成分は、血行を促進する、頭皮の炎症を抑える、成分の浸透を助けるといった働きがあります。

 

2つめは密着することです。

 

頭皮や髪をサポートする成分が配合されていても、流れてしまったら力を発揮しません。そこで、密着力を高めています。ジェルタイプなら液ダレも蒸発も心配ありません。

 

3つめは無添加なことです。

 

頭皮環境の悪化は抜け毛の原因です。そのため、髪を育てるためには育毛によい成分を配合するだけでなく、頭皮に刺激を与えないことも大切になります。ヘアトニックグロウジェルは香料、着色料、シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は使用していません。頭皮への負担が軽減するように考えられています。

 

 

・チャップアップとヘアトニックグロウジェルどちらを選ぶ

 

 

チャップアップとヘアトニックグロウジェルどちらを選んだらよいのでしょうか。まずは違いを確認しましょう。チャップアップとヘアトニックグロウジェルの違いは2つあります。

 

1つめは配合している成分の数です。

 

ヘアトニックグロウジェルの主な成分は、植物由来の6つの成分です。それに対しチャップアップは、天然成分55種類、アミノ酸15種類を配合しています。チャップアップは配合している成分の数が多いだけでなく、ヘアトニックグロウジェルと違ってアミノ酸も配合をしています。

 

さまざまな成分を配合しているチャップアップですが、香料、着色料、シリコン、パラベン、鉱物油、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は配合していません。頭皮への優しさが考えられています。

 

もう一つの違いは容器の形態です。

 

ヘアトニックグロウジェルはジェルタイプで手に取りだして使用をします。ジェルを使い慣れていない方はべたつきが気になるかもしれません。チャップアップはミストタイプで、気になる部分にシュッと吹きかけるだけ。狙ったところにつけやすい特徴があります。

 

成分の配合量や使いやすさなどを考えるとチャップアップの方が優れています。育毛剤は毎日使うものなので、頭皮への優しさや使いやすさなどを考えて選ぶとよいでしょう。