チャップアップで効く人と効かない人がいるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップで効く人と効かない人

チャップアップは育毛剤として1,2を争う人気商品です。しかし現代の医療科学では万人に効く毛生え薬の様なものがあればノーベル賞者だと言われるほどで、発毛効果が期待される医薬品は極めて少ないのです。

 

しかもチャップアップは人気がありますが、医薬品ではなくあくまで医薬部外品であり、発毛剤と言うより育毛剤であり、効く人と効かない人があるのです。

 

この点を十分理解した上で使用すれば、期待したほどではなかったとガッカリするような事もありません。本記事ではチャップアップが効く人と効かない人について説明したいと思います。

 

 

・チャップアップは発毛剤ではなく、それを期待する人には効きません

 

 

発毛剤や育毛剤と言うと、すでに禿げてしまって頭に塗りこむと、毛が生えて来ると言う夢のような事を想像する人もおられます。しかし残念ながらそうした医薬品があれば、ノーベル賞ものだと言われるほどで、現実には毛生え薬的なものは存在しません。

 

また発毛効果を謳う数少ない医薬品でも、毛根が完全に死んでしまっている所から毛を生やす効果は期待できないのです。生え際が後退して行くような部分に塗る事で、かろうじて生きている毛根から髪の毛を生やす事を促進させる程度が現実なのです。

 

しかも、チャップアップは医薬部外品で、医薬品の様にかろうじて生きている毛根に栄養価を与えて髪の毛を生やすものではないのです。

 

従って、禿が進んでいる人の髪の毛を黒々と復活させるようなものではなく、そうした効果を期待している人は、いくら使用しても効かないと言う事になるのです。

 

口コミを見ると、何か月もM字禿を改善すべく、その禿げた部分に塗っても効果がなかったと言うのは、こうした元々効かない人が使用したケースの感想であり、口コミなのです。

 

 

・育毛剤としての効果は期待され、それを目的として使用する人には効き目があります

 

 

それでは、どういう人に効き目があるのでしょうか。まだ禿げているとは言えない状態だけれど、最近洗髪時に髪の毛がよく抜けるとか、ブラッシング時に髪の毛が大量に抜けて付いたりと、抜け毛が気になる事は少なくありません。

 

こうした抜け毛が多い状態で髪の毛や頭皮を放置していると、いつかは禿げてしまう可能性があると言えます。こうした状態を改善したり、髪の毛が細くなり、ボリュウームが無くなって来たと言う状態の人が使用すると、効き目があるのです。すなわち、禿予備軍の状態の人が効く人と言う事になります。

 

口コミを見ても、発毛効果を実感している人は少なく、抜け毛が多くなったり、ボリュームが減ったと感じる人が、禿げる事の予防として使用している人は育毛効果を時間していると言う結果が出ています。

 

チャップアップには厚生労働省が有効成分として認めている血行促進成分のセンブリエキス、 炎症を抑える成分のグリチルリチン酸ジカリウム、そしてかゆみ防止・抗炎症成分である塩酸ジフェンヒドラミンと、メーカーが独自に研究して育毛効果があると判断した成分を68成分も含んでいます。

 

こうした成分の育毛剤であり、禿げている部分の発毛には効果は期待できないものの、1か月継続使用すれば抜け毛が軽減し、2か月ほどで毛根に力が出始め、半年程度継続使用すれば髪の毛が太くなりボリュームアップが実感できると言ったのが正しい効果と思われます。