チャップアップとメディカルミノキ5の違いは?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップとメディカルミノキ5の育毛有効成分の違いは?

メディカルミノキ5

 

育毛剤には、医薬品と医薬部外品があります。育毛剤の多くは医薬部外品ですが、一方で医薬品の育毛剤もあります。

 

ミノキシジルを含んだ製品は医薬品の育毛剤であり、発毛剤とも呼ばれています。チャップアップとメディカルミノキ5は、それぞれ医薬部外品と医薬品の育毛剤です。

 

この二つの製品の育毛に対するアプローチの違いについて、ここでは書いています。

 

 

・メディカルミノキ5の特徴

 

 

メディカルミノキ5は、有効成分ミノキシジルを含んだ発毛剤です。ミノキシジルは、血管を拡張する作用のある成分であり、元々は高血圧用の薬として開発されました。

 

それが後に発毛効果があることがわかり、育毛剤(発毛剤)として利用されるようになった経緯があります。

 

ミノキシジルの発毛効果は臨床実験を通じて証明されており、休止期の毛包や小さくなった毛包に作用して活性化や成長を促します。ミノキシジルを5%含んだ製品がメディカルミノキ5です。

 

医薬品に該当するため、使用上の注意をよく守って使用する必要があります。メディカルミノキ5は壮年性脱毛症に対して効果が期待されるものです。

 

壮年性脱毛症は男性型脱毛症(AGA)の一種で、壮年期に発症する脱毛症という意味で使われています。男性型脱毛症は主に遺伝的な体質によって起こると考えられています。

 

遺伝型の脱毛症は男性の脱毛症のほとんどに見られる原因であり、ミノキシジルを使った製品は多くの男性の発毛促進に有効な効果をもたらす可能性があります。

 

ミノキシジルは濃度が濃いほど効果も高く、5%の濃度はミノキシジルを使った国内の発毛剤の中で最も高い濃度の一つです。

 

かつて日本国内ではミノキシジル1%配合の製品だけでしたが、海外ではすでに5%やあるいはそれ以上の濃度の製品が使われており、日本でも5%配合のミノキシジル製品が発売されるようになりました。

 

メディカルミノキ5は、酸化防止剤が不使用で、また頭皮に優しいつけ心地を実現した新開発のクッションラバーヘッドを使用しています。

 

毛髪の成長には一定の期間が必要です。メディカルミノキ5は4ヶ月使用後からその効果が確認されています。発毛効果を高めるためには、継続した使用が必要です。

 

 

・チャップアップとメディカルミノキ5の有効成分について

 

 

チャップアップとメディカルミノキ5の違いは、メディカルミノキが医薬品なのに対して、チャップアップは医薬部外品に相当する育毛剤です。チャップアップにはミノキシジル成分は含まれていません。

 

チャップアップは、育毛の有効成分として、センブリエキス、グリチルリチル酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHClの3種類は配合しています。

 

また55種類の天然成分や15種類のアミノ酸も配合しており、頭皮環境を整えて育毛促進をサポートします。無添加無香料であり、頭皮に負担をかけるものは含まれていません。

 

メディカルミノキ5が医薬品の成分であるミノキシジルを使って積極的な発毛促進を促す目的で開発されたのに対し、チャップアップは実に多くの天然成分の相乗効果によって頭皮の環境を整え育毛を促進するのが目的になっています。

 

 

・まとめ

 

 

チャップアップとメディカルミノキ5は配合成分が違っています。それぞれの有効成分がどのように発毛や育毛に効果的なのかを理解した上で、薄毛状態の程度に応じて選択することが適切です。

 

また、医薬品の場合は副作用に注意してより厳格に使用方法を守る必要があります。ドラッグストアなどの店頭で薬剤師の説明を受けてから購入するといいでしょう。