チャップアップとプロペシアの違いは

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップとプロペシアの違いとは?

育毛剤を使う時は自分に合うものを選びたいもので、チャップアップとプロペシアは有名で違いを知ると決めやすいです。

 

髪を増やす場合は頭皮の状態に合わせて決めないと意味がなく、それぞれのメリット・デメリットを知る必要があります。

 

チャップアップとプロペシアは似て非なるもので、どのような特徴があるか知ると選びやすいです。

 

チャップアップとプロペシアは育毛剤として人気ですが、それぞれの特徴を確かめてから選ぶことが大事です。

 

ここでは含まれる成分や効果などを分析し、頭皮の状態などに合わせて選ぶ方法を紹介するため参考にして決めましょう。

 

 

・成分や効果などを比較しよう

 

 

プロペシアとチャップアップは育毛剤としても有名ですが、主な成分と効果を確かめてから決めることが大事です。

 

プロペシアは主な成分としてフェナステリドが含まれ、効果が頭皮から毛が抜けることを抑制する働きがあります。

 

チャップアップはセンブリエキスやグリチルリチン酸、ジフェドラミンHCが含まれ、センブリエキスは毛母細胞の働きの活発化や保湿作用、グリチルリチン酸は毛穴の炎症を防止、ジフェヒドラミンHCは血行促進や抗炎症効果と幅広いです。

 

遺伝的なハゲの場合はプロペシアのほうが合ってますが、チャップアップは栄養バランスが偏りストレスを感じやすく睡眠不足気味の場合に選ぶと効果を出せます。

 

 

・副作用がないかどうか確かめて決める

 

 

育毛剤や発毛剤は必ずしも副作用があるもので、事前に確認してから選ばないと逆効果になることもあります。

 

プロペシアは、肝機能障害、勃起不全のほか妊婦が服用すると男性胎児の生殖器に異常を起こすため、状況を確かめてから決めることが大事です。

 

チャップアップは副作用がなくて安心して使えるため、リスクを避けたい場合に考えると安心できます。

 

副作用がないチャップアップですが実際には使ってみて満足できる効果がない場合もあるため、事前に確認してから決める方法が望ましいです。

 

 

・髪を増やすための仕組みを理解しよう

 

 

髪を増やす時は仕組みを理解しないといつまでたっても効果が出なくて四苦八苦するため、AGAや抜け毛など状況に合わせて最適な対処方法を探す必要があります。

 

プロペシアはAGAに効果があることが特徴ですが、多くの副作用があるため不安があれば医師に相談してから決めることが大事です。フィナステリド製剤は精子に影響することが実証されているため、安易に選ばないようにすることが求められます。

 

チャップアップは薄毛のほとんどの原因に対応できることが特徴で、頭皮環境の改善や血行の促進をすることで髪に栄養を与えて増やせて効果的です。

 

チャップアップはサプリを使うと更に効果を出しやすく、効率良く髪を増やすことができます。

 

 

・まとめ

 

 

プロペシアはAGAには効果があるものの、多くの副作用があるためそれなりにリスクを伴います。

 

逆にチャップアップは副作用がなく薄毛のほとんどの原因に対応しているため、サプリと併用して髪に栄養を与えて増やせるようにすると効果的です。