チャップアップとスカルプD は何が違う

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップとスカルプD 薬用育毛トニックは両極端なほど違う

楽天市場総合ランキング第1位を獲得した育毛剤が「スカルプD 薬用育毛トニック」です。育毛剤3冠を獲得した育毛剤が「チャップアップ」です。どちらも魅力的な商品なのですが、この2つには全く違う特徴があります。

 

特徴が違えば実感できる変化も変わってきます。そこで、チャップアップとスカルプD 薬用育毛トニックはどのような違いがあるのか紹介をします。

 

 

スカルプD 薬用育毛トニックについて

 

スカルプD 薬用育毛トニックは頭皮の厚みに着目をした育毛剤です。
髪が十分にある男性は頭皮の厚みがあることが確認されました。一方、髪の悩みを抱えている男性は頭皮の皮下脂肪が少なく薄くなっています。また、毛髪の底部が浅くなっています。そのため、髪が根付きにくいのです。

 

このことに着目して、スカルプD 薬用育毛トニックは頭皮に根付くようにサポートする成分を配合しています。クロレラとセイヨウニワトコエキスが頭皮環境を整えて、しっかり根付くようにサポートをします。

 

さらに、豆乳発酵液とカッコンエキスを配合。豆乳発酵エキスは一般的な豆乳よりもイソフラボンを多く含んでいます。カッコンエキスは潤いのある頭皮に導く成分です。この2つの成分が頭皮に浸透することで、ふっくら厚みにある頭皮に近づきます。

 

また、血流を促すとされる酢酸-DL-α-トコフェロールとタマサキツヅラヒジアルカロイドも加えています。容器は特許取得の特殊ノズル式です。従来のノズル式は液が垂れてしまうのですが、特殊ノズル式の場合はジェット噴射で頭皮にとどまり毛穴に浸透をします。

 

頭皮環境をサポートをする成分が配合されていても、浸透しなければ効果は発揮されません。どのような成分を配合しているかだけでなく、浸透のしやすさも育毛のためには大切なのです。

 

 

・チャップアップと違いすぎるスカルプD 薬用育毛トニック

 

 

チャップアップとスカルプD 薬用育毛トニックには3つの違いがあります。

 

 

1つめは配合している成分の数です。

 

スカルプD 薬用育毛トニックに配合されている効果が期待できる成分は主なものが6種類、その他に数種類配合しています。

 

それに対し、チャップアップに配合されている効果が期待できる成分は、有効成分3種類、天然成分55種類、アミノ酸15種類です。圧倒的にチャップアップの方が成分を多く配合しています。

 

 

2つめの違いは添加物です。

 

スカルプD 薬用育毛トニックは香料、エタノール、l-メントールなどを配合しています。これらは頭皮への刺激が気になる成分です。チャップアップの場合は、香料、着色料、鉱物油、パラベン、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、シリコンを配合していません。チャップアップは頭皮への優しさを考えているのです。

 

 

3つめの違いは容器の形状です。

 

スカルプD 薬用育毛トニックは特殊ノズル式でジェット噴射をすることが特徴です。ジェット噴射は気持ちよく感じるかもしれませんが、勢いがあるので頭皮への刺激が気になります。チャップアップはスプレー式です。液ダレしにくく、頭皮への刺激も少ないです。

 

 

こののように2つの育毛剤には違った特徴があります。"