チャップアップとバイタルウェーブスカルプローションの違いは・・・

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップとバイタルウェーブスカルプローションの差とは?

抜け毛予防育毛剤、使ってよかった育毛剤、副作用が少ない育毛剤、これら3つの部門で1位を獲得している育毛剤が「チャップアップ」です。

 

コスパで選ぶ、もっとも期待できる、顧客満足度評価の3つの部門で1位を獲得している育毛剤が「バイタルウェーブスカルプローション」です。どちらも魅力的ですが、この2つには大きな差があります。では、その差とは何でしょうか。

 

 

・バイタルウェーブスカルプローションの特徴

 

 

1つめは成分のこだわりです。

 

キャピキシルは注目を集めている成分ですが、バイタルウェーブスカルプローションはキャピキシルを5%配合をしています。その他にも、ノーベル賞を受賞したEGFや再生能力が注目されるIPS細胞、馬プラセンタ、ローヤルゼリーなども配合されています。

 

2つめの特徴は浸透力です。

 

こだわりの成分の力を発揮させるために、浸透力にこだわっています。肌にはバリア機能があり簡単には異物を通さないようになっているのですが、浸透ブースターがバリア機能を通過して頭皮の角質層に働きかけます。

 

3つめの特徴は持続力です。

 

角質層にまで届けた成分は、そのままだと逃げてしまうことがあります。そこで、モンモリロナイトを配合しています。モンモリロナイトとはクレイ(泥)の一種で、肌の表面に薄い膜を作ってバリア機能の代わりをして、与えた成分を守ります。

 

バイタルウェーブスカルプローションはスポイトタイプです。1mlほどを取り出して頭皮に付着させてマッサージをして使います。1日2回使用することが目安です。

 

 

・チャップアップとバイタルウェーブスカルプローションの大差

 

 

1つめは配合成分です。

 

キャピキシルは育毛作用が注目される成分ですが、この成分は医薬部外品の成分ではありません。医薬部外品とは、厚生労働省が認めたもので、医薬品ほどではありませんが効果が認められている成分です。

 

キャピキシルは医薬部外品ではなく化粧品扱いです。化粧品は肌を整えたり清潔を保つことが目的で、効果効能は認められていません。

 

それに対しチャップアップは、有効成分のセンブリエキス、グリチルリチン酸ジカリウム、ジフェンヒドラミンHCが配合されています。これは医薬部外品に指定されている成分なので効果が期待できます。

 

2つめの違いは使いやすさです。

 

バイタルウェーブスカルプローションはスポイトで液をとって頭皮に付着されます。これだと狙ったところに付着させにくく、液ダレをすることもあります。

 

チャップアップの場合はスプレータイプです。狙ったところに付着させやすく、液ダレしにくい特徴があります。また、スポイトタイプだと一点にしか付着しませんが、スプレーなら広範囲に付着させることが可能です。

 

つまり、スプレータイプのチャップアップなら、狭い範囲に狙いを定めて使うことも、広い範囲に付着させることも簡単なのです。