チャップアップの全成分を考察

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

チャップアップの全成分をサラッとチェック 安全性がとても高い

現代人は、複雑な仕事や人間関係などストレスの中で生きています。ストレスは体全体を緊張感で覆います。肩や首がこるのと同じように頭皮もこり、血行が悪くなると抜け毛や薄毛の原因となってしまいます。

 

また、昼夜を問わない仕事や、食生活のフアストフード化などでホルモンのバランス崩れがちです。日常の生活習慣を見直すとともに、頭皮や髪の髪をもっといたわってあげましょう。

 

 

・チャップアップの基本的な成分について

 

 

チャップアップには、育毛に効果的な成分が大きく分けると3種類、含まれています。髪の毛は健康な頭皮のもとで、元気に成長します。頭皮環境をよくすることが第一条件ですが、チャップアップに含まれるセンブリエキスには、頭皮環境を整え?作用があります。

 

また、チャップアップには、グリチルリチン酸が含まれていますが、この成分は殺菌効果が高い上、育毛を促すために必要な成分も多く含まれています。3種目のジフェンヒドラミンHCは、頭皮の痒みやフケを抑抑える作用があります。

 

その他の特徴としては、昔から漢方でも用いられてきた、安全性の高いビワの葉エキスや牡丹エキス、ニンジンエキスなどの植物から抽出された55種類の天然成分のエキスと、15種類のアミノ酸がが含まれています。

 

チャップアップは、香料や着色料、石油系界面活性剤、パラペン、紫外線吸収剤、シリコンなどを含んでいないため、頭皮や髪の毛に余分な負担をかけません。育毛剤は長期にわたって用いるため、なるべく体に負担をかけないものを選びたいものです。

 

 

・ミノキシジルと同等の成分について

 

 

ミノキシジルは、1970年代後半に血管拡張剤としてアメリカで開発された血圧を下げる薬ですが、その副作用として多毛症状が表れたのをきっかけに生れました。今では薄毛治療に広く使われるようになりましたが、毛根部分の血管拡張を促す成分が有効として認められ、専門の医師のもとで薄毛治療に使われています。

 

ミノキシジルには、血行をよくして発毛を促す成分が含まれていますが、人によっては副作用がある場合もあります。ミノキシジルは、もともと高血圧治療のために開発された血管拡張剤ですが、チャップアップは様々の漢方の生薬を材料として極力副作用を抑えて、薄毛治療を目的として開発されています。

 

ミノキシジルもチャップアップもどちらも、頭皮の血流をよくして育毛を促すという効果には変わりがありませんが、安全性においてはチャップアップがまさっているようです。

 

ただ、体質によって一概には言えないので、よく検討して用いることが大事です。